葬式参列と日本人も愛用のスマートフォン

現代を象徴する商品のひとつとして、日本人もこよなく愛するスマートフォンも、もはや外すことができないひとつです。スマートフォンがあまりにも便利で楽しいので、電車の中でも一世に下を向いて、その画面に釘付けなのが現代の日本人です。そして右の手は捜査のために激しく動き、歩きながら操作をするのは、危ないので控えないとなりません。

スマートフォンを持つようになると、依存症のように常に気になる存在になる人が多数出現をしています。従来のガラパゴス携帯とは違い、とにかく楽しいことの宝庫であるのが、日本人も愛用のスマートフォンですので、それがない生活などは、もはやありえないものでしょう。

日本には日本のTPOがありますので、それに添っていくとしたら、葬式参列時にはスマートフォン依存性はセーブをすることです。葬式は長時間のものではないので、カバンの中にしまっておいて、マナーモードにすることです。もしくは葬式終了までは、スマートフォンを電源オフの状態としましょう。