葬儀」カテゴリーアーカイブ

葬儀で大きな泣き声を上げて泣くメリットとデメリット

葬儀で大きな泣き声を上げて泣くと、周囲の同情を得られる、話のタネになるなどのメリットが期待できます。人が沢山集まり静かにお経を聞いている時に泣き声を上げると、親族や遺族達から親しみに近い目で見てくれます。あるいは、故人の親しかった人と判断され、遺族からお礼の言葉を言われる可能性も高いです。その時は、何も言わずに頭を下げると好感を持たれます。また、1人だけ大声を出していれば自然と噂になります。しばらくの間は噂として広まりますが、悪い話ではないので放置しても問題ないです。
デメリットは葬儀の進行の妨げになる、お坊さんに注意されるなどです。告別式の際のスピーチをしている時に泣いていると、周囲にそのスピーチの内容が伝わりません。そのため、進行の妨げになるので注意しましょう。また、悲しみ過ぎてはいけないと、お坊さんに忠告されることがあります。その場合は、恥ずかしいと感じるはずなので、洗面所に行って気持ちを落ち着けましょう。