葬儀では使ってはならない言葉のマナー

葬儀に参列する際、気をつけねばならないのは言葉です。葬儀においては使う言葉も参列者に要求されるマナーのひとつで、例えば四や九といった数字は死や苦しみを連想させるので使用してはいけませんし、同様に度々だとか重ね重ねという言葉も、繰り返す言葉ですから、葬儀の繰り返しを暗喩してしまい直近にまた不幸が起こることを感じさせるため使用してはいけません。また、直接死を感じさせる言葉は遺族のためにも使用を控えましょう。たとえば急逝であるとか、死亡であるとか言った言葉は突然のご不幸であるとか、ご逝去であるといった丁寧な言葉に置き換えていくべきです。これに伴い、葬儀に子供を伴う必要がある場合などには事前に良くこれら言葉のマナーを教えておく必要があります。また、お悔やみの言葉には基本的な定型文が幾つか存在しており、手短に述べるのが遺族のためでもありますので、それらについて参列前に事前に勉強しておくことが大切です。